大阪市都島区の泌尿器科【杉本泌尿器科】。地下鉄谷町線「都島」駅・2号出入口より徒歩すぐ。泌尿器科専門医がこれまでの豊富な経験と最新の知識とに基づき、年齢、男女を問わず幅広く泌尿器科疾患に対応します。各医療機関との連携等、お気軽にご相談ください。

院内・設備紹介

院内のご案内

外 観
外 観
当院は「カルナビル」の3階です。
入 口
入 口
受 付
受 付
待 合
待 合
診察室①
診察室①
診察室②
処置室②
相談室
相談室
患者様のプライバシーに配慮し、診察室とは別に相談室を設けております。
検査室
検査室
処置室
処置室

設備のご案内

電子カルテ
ダイナミクスと、画像や血液検査結果のファイリングなどが可能な多機能診療支援ツールRS₋Baseを導入しています。患者様のデータは、初診時よりすべて保存され、画像(エコー検査、CTやMRI検査)は過去のものと比較し、血液・尿検査結果は経時的にグラフ化するなどして説明させていただきます。また、ご自身の病気を御理解していただくために、解剖などの説明画像や図表、それぞれの病気の治療ガイドラインをお見せすることができます。
電子カルテ
超音波エコー装置
日立アロカF37を導入しています。尿路結石症、水腎症、腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がん、前立腺肥大症、睾丸腫瘍などの診断や、排尿後に膀胱にたくさん尿が残っていないかを調べる残尿測定などに使用します。検査画像は、RS₋Baseに保存し、いつでも診察時に患者様にお見せできます。
超音波エコー装置
内視鏡(膀胱鏡)ビデオシステム
オリンパス膀胱ビデオシステムを導入し、膀胱結石、膀胱がん、前立腺肥大症による尿道の圧迫がないかなど内視鏡で観察を行います。
軟性内視鏡と呼ばれるもので、材質は柔らかく、湾曲も自由に調整できるので、検査に伴う痛みは軽度です。内視鏡から得られる画像は、検査中VISELA ELITEビデオシステムのモニターで見ることができ、また、その画像は、エコー検査と同様、RS₋Baseに保存できますので、検査終了後すぐに診察室で画像をお見せしながら結果を説明することができます。
内視鏡(膀胱鏡)ビデオシステム
尿流量計
エダップテクノデド社のフローマスターを導入しています。尿流量計とは、1秒当たりどれくらいの尿量で排尿されているかを測定する装置、すなわち、尿の勢いを見る検査です。前立腺肥大症の排尿障害や、女性でも子宮がん・大腸がんの術後などで弛緩性神経因性膀胱(膀胱の排尿筋力低下)が生じた際、その重症度や治療効果を判定するための検査装置です。この検査結果も、電子カルテに保存し、診察時に電子カルテ画面で表示して説明させていただきます。
尿流量計
尿・血液検査
尿検査の結果(血尿、膿尿―尿路に感染があるかどうかを判定―、蛋白尿、糖尿など)は、診察当日当院で判明しますが、尿路感染症の原因となっている尿中細菌などの同定検査の結果は、次回の診察時に説明します。また、血液検査も外注ですので、後日の診察時にその結果をご報告することになります。
尿流量検査結果

クリニック情報
Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
 9:00~12:00
15:00~18:00

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

アクセス・地図 Access

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-4
カルナビル 3階

地下鉄谷町線「都島」駅・2号出入口より 徒歩すぐ
JR大阪環状線「桜ノ宮」駅より 徒歩約9分

お気軽にお問い合わせください
【初診の方もお電話でご予約いただけます】

TEL:06-6929-2100
私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら よくあるご質問|詳しくはこちら
初診の方へ 診療時間・休診日 アクセス・地図
PAGETOP
Copyright © 2019 杉本泌尿器科 All Rights Reserved.